テレビ

養殖うなぎ高城久のプロフィールとうなぎお取り寄せを探してみた【マツコ】

今回は強烈キャラの高城久さんのプロフィールとうなぎのお取り寄せについて調べてみました!

日本のうなぎって99%が養殖だという(水産庁平成22年度の白書より)のには正直びっくり!ご存じでしたか?

27日のマツコの知らない世界では、高城久・光寿親子が養殖うなぎの世界を紹介してくださいます。

これまで、水産物は天然にこだわってきたのですが、ここまできたらそんなこと言っていられません。

養殖であろうと天然であろうと安全で美味しければOKというスタンスで食を考えなければ、なにも楽しめない時代になったのですね。

スポンサーリンク

 

高城久(たかしろひさし)さんのプロフィール

引用元:https://twitter.com/cyabo371374

 

生年月日 1962年2月7日
出身地 千葉県佐倉市
最終学歴 帝京医学技術専門学校柔道整復科卒業
職業 『柏長生館 高城整復院』の院長 『日本己書道場』の師範
息子 高城光寿
趣味 〈うなぎ大好き・どっとこむ〉主宰

 

高城久さんは、子供の頃から外出となれば、うなぎ屋さんでお食事をしておられたそうです。

それは、出身地が鰻の産地でうなぎ屋さんが多い土地柄だったことからなのですが、昨今では、うなぎ屋さんが次々に廃業されていくさまに危機感を感じました。

それで、一念発起してうなぎ屋さんを盛り上げるべく、応援サイトを立ち上げたり、メディアに登場したりと活動を開始されたそうです。

高城さんは、全国のうなぎ屋を尋ね歩き、食したウナギは2000食とも?どんだけ~~?の世界。

趣味の己書(おのれしょ)を、うなぎ屋さんによっては見かけることもできたりするようですよ。

引用元:http://www.onoresho.jp/shihan/s289/

 

高城久さんが思う、美味しいうなぎを食べるには

高城さんは、うなぎは割きたてが美味しいとおっしゃっているのです。

そのワケは、

  • うなぎを焼く技術は、水分をいかにとばしながら、火を入れていくかである。
  • うなぎは、他の魚と比べ、皮が厚いので火の入れ方が難しい。
    火を入れすぎると焦がし過ぎて炭化する。
    焼きがあまいと旨味が逃げる。
  • 上手に火が入った皮と身の間のゼラチン質の部分が最高に美味しい。
  • 割きたては一番水分を含んでいるため、焼くのは本当に難しい。

そのようなことで、注文をしたらその場で捌いてくれて、焼き方が上手な職人さんがいるお店をお勧めしたくなるということでした。

高城久さんがおすすめする養殖ブランドうなぎは?

普通の養殖うなぎと養殖ブランドうなぎの違い

  • 普通の養殖うなぎ    稚魚(シラスウナギ)を年明けすぐに池にいれて半年育て、土用の丑の日にむけて出荷が主。新仔(しんこ)という。
    味は脂がのっていて、身がやわらかくて、口の中でとろける感じ。
  •  

  • 養殖ブランドうなぎ   伏流水などを豊富に使いながら、一年以上かけてじっくり育てられたものがほとんど。
    味は、天然に近い、味も食感もウナギらしく、肉厚で身がしっかりしていて脂はあるけれどしつこくない。

うなぎ坂東太郎

千葉県銚子市にあるうなぎ専門の老舗卸問屋『忠平株式会社』と養鰻家が開発した養殖うなぎ。
生育環境やエサを工夫し、利根川の天然うなぎに近づけた味わいが特徴。

食べることのできるお店は、
東京・葛飾「うなぎ魚政」
東京都葛飾区東四ツ木4-14-4
☎03-3695-5222
京成押上線「四ツ木駅」下車 徒歩1分
四ツ木駅から61m

東京・亀戸天神前「八べえ」
東京都江東区亀戸3-2-8 宮川ビル1F亀戸天神参道
☎03-3682-7327
総武中央線 亀戸駅徒歩 11分  錦糸町駅 徒歩14分
亀戸駅から741m

共水うなぎ

静岡・焼津の養鰻場『株式会社共水』が開発したブランドうなぎ。
大井川の伏流水を井戸でくみ上げ、12カ月~30カ月、ゆっくりと自然に近い環境。
綺麗な水に恵まれているため、頻繁に水をかえられるので美味しいうなぎが育ちます。

食べることのできるお店は

東京・入谷鬼子母神前の「のだや」
東京都台東区下谷2-3-1
☎050-5869-5137
メトロ日比谷線入谷駅2番出口出て右折2ブロック(徒歩30秒)
JR鶯谷駅南口徒歩5分
言問通り沿い入谷鬼子母神様門前
入谷駅から155m

埼玉・浦和「うなぎ 浜名」
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-9-2 インフィニティうらわ 1F
☎048-832-8790
浦和駅から597m
カード不可
 

横山さんの鰻

鹿児島・大隅半島にある、家族で経営している小さな養鰻場『泰正商店』が開発したブランド。
霧島水系の水を豊富に使って、13年間完全無投薬で育ている。

食べることのできるお店は、

東京・池袋「かぶと」
東京都豊島区池袋2-53-2 池袋ESビル 1F
☎03-3983-8608
完全予約制
カード不可
池袋駅西口を出て劇場通りを川越街道方面に進み郵便局を目指す。
最初の道を左折しすぐ右手。
池袋駅から464m

他にも「和匠うなぎ」や「三河鰻咲」のブランドうなぎがあります。

養殖ブランドうなぎは、天然のうなぎに近いので、腕の確かな職人さんがおられるお店である必要があるようです。

スポンサーリンク

 

食べてみたい鰻のお取り寄せ情報

赤坂ふきぬき本店にてうな重パッカ-ン♪

こんな動画をみると、やはり美味しいうなぎをお取り寄せしたくなりますね。

少しご紹介したいと思います。

福岡・柳川のうなぎのせいろ蒸し

引用元:https://bunkaisan.exblog.jp/17704592/

 
ちなみにですが、管理人かなままが住む福岡には、柳川というところでうなぎのせいろ蒸しがとても有名です。

数あるうなぎ屋さんの中でも、一番人気は「元祖本吉屋」さんです。

私もそちらのお店で食事したことがあります。

「元祖本吉屋」さんは、うなぎのせいろ蒸し発祥のお店で江戸時代から続く老舗です。

柳川の川下りの乗り場を探していたら、なんともウナギの蒲焼きの芳しい匂いに誘われてたどり着いたお店でした。

日本旅館か古い料亭かのような佇まいで、引き戸を開けると、磨き込まれた床に迎えられます。

私は、予約もなく通りすがりの客だったので、大広間に案内されたのですが、個室もあるそうです。

一番人気はやはり「せいろ蒸し」だそうです。(3500円~)

本吉屋(モトヨシヤ)
〒832-0022 福岡県柳川市旭町69 (エリア: 柳川 )
☎ 0944-72-6155
西鉄天神大牟田線西鉄柳川駅西口 徒歩11分
定休日 第2月曜日、第4月曜日

引用元:https://tabelog.com/fukuoka/A4008/A400806/40001048…

 

柳川のせいろ蒸しは、まずご飯にタレをかけて馴染ませるために蒸します。

そして、蒲焼きにしたうなぎをご飯の上に乗せて蒸します。都合2回蒸すのが柳川のせいろ蒸しの特徴。

それで、ご飯に白い部分が見当たらなかったのですよね。

本吉屋さんのタレは、330余年の旨味が蓄積されたもの。支店を含む3店舗のうちの数人しか製法をしらない、秘伝のタレです。

うなぎは、串打ちした物を焼くのではなく、開いたうなぎを丸々一本そのまま焼いているのです。タレに数回くぐらせる時もそのまま。

焼きあがったウナギを盛り付ける直前に切るのだそう。すべて、創業当時から変わらずに続いているそうです。

ご飯が既にタレを吸い込んでいて、うなぎもふわふわで目も鼻も口も大満足のせいろ蒸しでした。

福岡の観光地は、大宰府だけではありません!

川下りも楽しめる柳川のうなぎもお楽しみになってみては?

まとめ

うなぎのお重を開けるときに高城さんが口にする「パッカーン」は、マツコさんにどう響くのか楽しみの一つです。

99%が養殖ウナギと知って、少し驚きましたが、中国などからの輸入品と比べると自国の生産が安心かもしれませんね。

27日は高城さんが養殖うなぎのすばらしさをきっと熱く語ってくださることでしょう。次回のマツコの知らない世界をうなぎバージョンも見逃せませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました!