テレビ

【ソレダメ】ナッツでダイエット!クルミと〇〇で効果あり?

今回は、9月12日に放送予定の「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?」のテーマの一つ、ナッツについてスポットを当てたいと思います。

番組の紹介動画で「クルミは〇〇と食べるとダイエットに効果あり」という文言がありました。動画を凝視すると、おそらくそれは液体のような?

気になったので、独自の視点で検証してみることにします。また、ナッツでダイエット!についても調べてみました!

スポンサーリンク

 

ナッツの定義は?


ナッツとは「種実類(しゅじつるい)」【固い殻や皮に包まれた食用の果実や種子のこと】に分類されるもののうち、木の実のことを指すのです。

一般的なナッツは、アーモンド、カシューナッツ、ピスタチオナッツ、マカデミアナッツ、クルミなどが有名です。

ちなみに、ピーナツは厳密に言うと、木の実ではないのでナッツとは言えないんですね。

引用元:https://www.pref.chiba.lg.jp/ninaite/network/field…

 
恥ずかしながら、今までずっとピーナツはナッツだと思っていました。

ナッツ(クルミは〇〇と食べるとダイエット?)になるか?


引用元:フリー画像

 
さて、本題です。

今回の番組のテーマの一つであるナッツ。その紹介動画で「クルミは〇〇と食べるとダイエットに効果あり」とナレーターが言っていました。

気になって、いろいろ調べまくりましたよ。

何度も、隠された動画をみながら、仮説を立てました。

どうも、器を持ち上げて、容器に入った液体を飲んでいるような感じがするなと・・・。

それも、ダイエットに効果あるってどういうことだろうかというところから攻めてみました。

ナッツは、栄養素が豊富なので、足りないモノを加えるという発想ではなく、相性のよいものと合わせると良いのではないかと思いました。

ダイエットに効果があるとなると、お通じが良くなるという点に着目したところ、見つけました!

クルミと相性が良くて、整腸作用の高いモノ。それはお味噌です。

これまた知らなかったのですが、くるみ味噌というものがあるそうで、さまざまなお料理に活用できる万能調味料だということでした。

クルミって、日本でも古くから使われている食材だったようです。

クルミに含まれている脂肪酸は便を滑らかにする潤滑油のような役割を果たすと言います。

味噌も大豆からできているので、食物繊維が豊富。味噌に含まれるオリゴ糖は善玉菌の餌になって、腸内環境を整えるのです。

クルミと味噌を少し・・・マグカップに入れてお湯を注ぐだけで身体に良い、そして、ダイエットにも効果を期待できる飲み物になるのでは?

スポンサーリンク

 

ナッツはダイエットに効果あるのか?


引用元:フリー画像

 
ナッツは、良質な脂肪酸やビタミン、食物繊維、ミネラルなど、天然のサプリメントと呼ばれるほど、美容にうれしい栄養素が含まれています。

例えば、ビタミンE(特にアーモンドに含まれている)は、アンチエイジングや美肌に効果的、貧血の予防効果もあります。

食物繊維は便秘解消などの整腸作用があります。ミネラル(マグネシウム・カルシウム・カリウムなど)は薄毛や抜け毛を予防します。

特にくるみに多く含まれているというオメガ3には、中性脂肪を減らす働きがあるので、ダイエットに最適です。

ピスタチオはむくみ予防に効果的です。

引用元:フリー画像

 
ナッツは、カロリーが高いから太りやすいという考えは ソレダメ!です。

肥満の原因はカロリーよりも、糖質にあるということが最近の研究で明らかになってきています。

基本的には、ナッツは低糖質なのですが、カシューナッツは糖質が高いので食べ過ぎに注意が必要だということです。

ナッツの正しい食べ方とは?


ナッツで美肌効果や健康効果やダイエットを狙っても、適量を知らないと思わぬ誤算を招きかねませんよね?

1日の目安量は25g前後程度がいいとされています。目安は片手の平に乗るくらいということです。

食べ過ぎに注意する意味では、小分けタイプで売っているモノが良さそうです。特に私は、一旦袋を開封してしまうとやれ湿気が気になるとかいいつつ、完食してしまうまで食べる癖があるのです。いけませんよね。

また、ナッツの種類によっては、一粒で一日に必要なミネラルを補給できるような栄養価のモノもあるということなので、その分量はそれぞれのナッツの栄養価を把握した上で摂る必要がありそうです。

引用元:フリー画像

 
スーパーやコンビニなどに行けば、いろんなナッツの種類を見かけますよね。

折角、栄養素の高いナッツを選んでも、「植物油脂」などの添加物や、「砂糖」「食塩」などで味付けしているモノよりも、素焼きやオーガニック素材でなるべく薄味がおすすめということです。

味が濃いと美味しくて止められなくなってしまいそうですよね。気を付けましょう。

そうそう・・・、昔、ナッツを食べるとニキビができると言われてませんでしたか? あれって都市伝説?らしいです。

ナッツの油は良質なので、ニキビの原因とは考えにくいらしいのですが、添加物の「植物油脂」の方はニキビの原因になりうるのだそうです。

まとめ


食料確保の手段が主に狩猟だった古代には、ナッツは食生活の根幹をなしていたそうです。

今回は、ダイエットに効果があるというクルミと○○の○○は何か?について、検証した結果、味噌ではないか?

という結論に達しましたが、果たして正解か?不正解か?

ナッツと言えば、ご多分に洩れず、カロリーが高くて、敬遠している方だった私ですが、豊富な栄養素を含んだナッツを見直してみたいと思いました。

もちろん、一日25グラムに抑えます。

最後までお読みいただいてありがとうございました。

よかったら、合わせてお読みください。
【ソレダメ】内臓脂肪を落とす寿司ネタを検証してみた!