スポーツ

プルシェンコと嫁(妻)は実はお互い再婚同士だった!今嫁は日本で人気?

ロシアのフィギュアスケートの皇帝と言われたエフゲニー・プルシェンコさん。

現在は、現役を引退後のための活動をしておられますが、末息子のサーシャ君6歳が今日本でも人気です。

そのサーシャ君の母、現在のプルシェンコさんの嫁(妻)のヤナさんは、プルシェンコさんの2番目の奥さんだったのです!

今回はプルシェンコさんの元嫁、今嫁について、調べてみました!

スポンサーリンク

 

プルシェンコさんの元嫁について

2005年6月18日にサンクトペテルブルクの著名実業家の娘マリア・イェルマークさんと結婚。

引用元:https://nbkturu.net/1471.html

 

当時マリアさんはサンクトペテルブルク大学の学生でした。

プルシェンコさんが23歳だったということなので、年齢差はさほどないと思われます。(マリアさんは当時20歳)

プルシェンコさんは、2004年からサンクトペテルブルク国立技術経済大学(ENGECON)観光サービスマネジメント学部で校外生として学び2008年に修業しています。

マリアさんとの結婚生活は(おそらく学生結婚)長くは続きませんでした。

結婚3か月目で既に破綻しており、5ヵ月目には完全に終わっていたということです。

プルシェンコさんとマリアさんは、2008年1月に正式に離婚が成立しました。

2004年頃からホテルチェーン経営に興味を持っていたプルシェンコさんは、2008年9月には観光ビジネスの学位を取得していました。

元義父の実業家と共同で進めていたホテルプロジェクトは離婚してしまったことで破談したということです。

プルシェンコさんの元嫁との子供は?

2005年の結婚から一年後の2006年6月15日に、マリアさんとの間に長男が生まれています。

体重3,450グラム、身長52センチメートル、名前は当初クリスチアン・エヴゲーニイヴィチ・プリュシチェンコと名付けられました。

しかし、あろうことか、マリアさんの独断でイェゴール・イェルマーク(Егор)に改名されました。

プルシェンコさんとマリアさん元夫婦の離婚時は、イェゴール君は、生後1年半くらいです。(ただ、別居したのはイェゴール君が生まれる1ヵ月前)

養育権も親権も元嫁のマリアさんが取りました。

プルシェンコさんは、子供のためも母親が育てるべきという考えなので、親権については争っていないし、養育費も払っています。

ただ、離婚後は裁判所の決定に反してなかなかイェゴール君と会わせてもらえない時期があったようですが、今では和解したようで、普通に交流はあるようです。

引用元:https://ethan-joumal.com/2443.html

 
元嫁のマリアさんとイェゴール君の2ショット写真はこちらの写真が拡散しているのですが、結婚当時と随分イメージが違うので(髪の毛の色が変わっている)調べたら、やはり金髪にしているそうです。

この頃のマリアさんは、離婚当初とは随分違う女性になっているようです。

下の画像の左の画像は、左がサーシャ君右がイェゴール君。 右の画像が若き日のプルシェンコさん。

どう見ても、イェゴール君はプルシェンコさん似ですよね。

プルシェンコさん、幸せそうですね!

スポンサーリンク

 

プルシェンコさんの今嫁は?

引用元:https://www.vogue.co.jp/blog/vogue-wedding/archive…

 
プルシェンコさんは、前妻のマリアさんと離婚後の2009年9月12日、8歳年上の実業家ヤナ・ルドコフスカヤさんと再婚しました。

引用元:https://jp.rbth.com/multimedia/pictures/2014/02/24…

 

ヤナ・ルドコフスカヤさんのプロフィール

  • 生年月日:1975年1月2日
  • 出身地:モスクワ
  • 学歴:アルタイ国立医科大学卒業

モスクワ市の軍人の家庭で誕生後間もなく、お父様はアルタイ地方バルナウル市に転勤を命じられました。

ヤナさんはアルタイ地方でアルタイ国立医科大学を卒業。専門は皮膚科医。

しかし、ヤナさんは、医療の道には進むことなくビジネスの世界に足を踏み入れました。

1998年     ビューティー・サロンを開設。

2002年     世界的な有名ブランド「フランク・プロボー」の、ロシア国内での排他的経営権を手に入れました。

2003年     ブティック・チェーンを開業。(ファッション界への関心を強め、ヨーロッパの有名デザイナーと知り合いになったり、ファッションショーのモデルなどをしている)

2005年     初めてプロデューサーを務めました。

2006年     ロシア人歌手ジーマ・ビランさんは、ヤナさんのプロデュースでユーロビジョンに出場し、2位になりました。

2008年     ジーマ・ビランさん、プルシェンコさん、ハンガリーのバイオリニストであるエドウィン・マートンさんを率いてユーロビジョンに再度挑戦。見事優勝を勝ち取りました。

ヤナはさんはプロデューサーの活動を続けながら、自らミュージック・ビデオやドラマに登場しています。

ヤナさんは、ロシアのショービジネス界において、もっともおしゃれで成功した女性のTOP3に入っています。

他にもいろんな賞を受賞し、5年続けて「今年のもっともおしゃれなプロデューサー」にもなっていますね。

なかなかのやり手感出しまくっています!

引用元:https://ethan-joumal.com/2443.html

 

結婚後、ヤナさんはプルシェンコさんのすべてをプロデュースしていると言います。

31歳になったプルシェンコさんは最後のオリンピックとなるかもしれないソチの団体戦で金メダルを獲得しました。

その後におきた個人戦の棄権は妻ヤナさんがオリンピック後に行われるアイスショーツアーのPRのために指示したと言われています。

ヤナさんは個人戦で失敗する姿を見せるくらいなら棄権させた方が良いと考えていたと言われていたのですが、そうではありません

プルシェンコさんはソチオリンピック開幕の1年前に背骨の大手術を受けており、痛みに耐えながらのソチオリンピック出場で、団体で見事金メダルを獲得していたのです。

しかし、個人戦の演技直前、背中に入れていたポルトが異変を起こしてしまい、プルシェンコさんは手術後の背中に激痛が走ったそうです。

事実を知らないロシアの国民はプルシェンコさんやヤナさんまでバッシングしました。

棄権から5日後の番組に夫婦で出演。背中の手術の様子をテレビで放送することでバッシングが収束したのです。

この収束作戦もヤナさんの仕掛けでした。敏腕プロデューサーとしか言えませんね。

プルシェンコさんの今嫁との子供は?

ヤナさんも実は再婚でした。

ヤナさんの元夫は、ヴィクトール・バトゥリンという実業家でした。

しかも既にヤナさんとヴィクトールさんの間には12歳のアンドレイ君と11歳のニコライ君(愛称:コーリャ)という息子さんがいました。

引用元:https://ethan-joumal.com/2443.html

 

ヤナさんはプルシェンコさんと出会うまでには離婚はしていました

法廷でも親権はヤナさんが持つという判定が下ったにも関わらず、ヴィクトールさん側がその判定を認めることができずに二人の息子さんを引き取ったままでした。

ヴィクトールさん側がその不正行為を働いたことで刑務所行きになった後にようやく、ヤナさんは二人の息子さんを迎えに行くことができたそうです。

にもかかわらず息子さん達は長い間ヴィクトールさんと過ごしていたために、すぐにはヤナさんとコミュニケーションをとる事ができなかったそうです。

しかし、プルシェンコさんという新しい家族を迎え入れたことも影響したのか、徐々に二人の息子さんは懐いてくれるようになったようです。

2013年1月6日にはヤナさんとの間にアレクサンドル君(愛称サーシャ)が誕生しました。

引用元:https://www.elle.com/jp/culture/celebphotos/a47676…

 

息子さんについてはこちらをお読みください!

あわせて読みたい
プルシェンコの息子がインスタに!イケメン揃いでも気になる複雑な関係フィギュアスケートで皇帝と言われたロシアのプルシェンコさん。 現在は36歳なのですね!そのプルシェンコさんにはサーシャ君という天使...

プルシェンコさんの意外な一面とは?

プルシェンコさんと言えば、

ロシアの男性元フィギュアスケート選手(男子シングル)。

  • 2006年トリノオリンピック金メダリスト。
  • 2002年ソルトレイクシティオリンピック及び2010年バンクーバーオリンピック銀メダリスト。
  • 2014年ソチオリンピック団体戦金メダリスト。
  • 世界選手権優勝3回
  • 欧州選手権優勝7回
  • グランプリファイナル優勝4回。
  • グランプリシリーズ通算22勝。
  • ロシア連邦功労スポーツマスター。

引用元:Wikipedia

という輝かしい実績をもっているロシアの皇帝と言われているアスリートです。

実は、かなりのスピード狂らしいですよ。

車でもバイクでも200数十キロ以上出して走ると度々発言していますね。

ちょっと驚きです。

車はアウディR8をはじめ数台保有しているらしいですよ。

バイクはヤマハ・YZF-R6やBMW・S1000RR等を所有していて、コーチからは危険だからやめなさいと注意されても無駄だったようです。

そういうプルシェンコさんだから、しっかりした姉さん女房であるヤナさんが相応しいのかなと思いました。

万一があっても、ヤナさんなら立派に子供達を育てていくでしょうから。

まとめ

プルシェンコさんは2度結婚し、前妻と現在の妻との間にそれぞれ息子さんが一人います。

現在の嫁(妻)のヤナさんには、連れ子が二人います。合計4人の息子さんがいることになりますね。

特にヤナさんは、日本でも大人気なんだそうですよ。

フィギュアスケート関係者からの話ですと、ヤナ夫人のツイッターには80万人以上のフォロアーがいるそうです。

国別にみると、日本が一番多く、197か国にいるフォロアーのうち28%が日本だそうです。

ロシアは25%というから、驚きです。

ヤナさんはプルシェンコさんや家族の状況をファンに教えてくれたり、リツイートしてくれたりと立派な広報的な役目も果たされているからなのだそう。

内助の功ってこのようなことなのでしょうね。

末っ子のサーシャ君がフィギュアスケートをプルシェンコさんから教えてもらっているようなので、今後も楽しみです。

最後までお読みいただいてありがとうございました!