スポーツ

世界フィギュア国別対抗戦(2019)女子の出場注目選手は誰?

いよいよ4月11日から始まる世界フィギュア国別対抗戦。

第6回目のこの大会初の会場となる、福岡・マリンメッセ。

今回は女子出場選手に絞って紹介したいと思います。また、注目選手についても触れます。

そもそも、世界フィギュア国別対抗戦って、どんなものかご存じでしたか?

国際スケート連盟に加盟している国のうち、選考基準上位6ヶ国が出場国となる大会です。

ソチオリンピックから、オリンピックでも団体戦として正式競技となったので、認知度もグンとアップしたようです。

スポンサーリンク

 

世界フィギュア国別対抗戦(2019)女子 出場注目選手は誰?

今回の国別対抗戦には、ロシアのザギトワ選手もメドベージェワ選手も出場しませんね。

しかしながら、ソフィア・サモドゥロワ選手が出場します。

まだ、16歳ですが、2019年欧州選手権でザギトワ選手を抜き優勝した経歴があります。

もしかしたら、この大会でも自らの自己ベスト213.84点を越えてくるか?気になりますね。

もちろん、日本は紀平梨花選手や坂本花織選手が出場するので、楽しみです。

やはり、日本の女子フィギュアスケートは、層が厚いのでその中を勝ち進んできたこの二人に期待したいところです。

特に、紀平梨花選手はトリプルアクセルを披露してくれるでしょうから、その完成度も気になります。

今回の国別対抗戦では、ショートとフリーで合計3本のトリプルアクセルを決めて、世界最高得点の更新に成功するか?

が、もっとも注目されているのですが、記者会見では「最後は笑顔で締めくくりたい」と決意表明しています。

この国別対抗戦は、シーズン最後の試合になるので、終りよければすべてよし!になると嬉しいですね。

世界フィギュア国別対抗戦(2019)女子 出場選手一覧

今回の出場選手です。

ロシア

エリザベータ・トゥクタミシェワ

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E…

 
ソフィア・サモドゥロワ

引用元:https://article.auone.jp/detail/1/6/12/112_12_r_20…

 

アメリカ合衆国

マライア・ベル

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E…

 
ブレイディ・テネル

引用元:https://fujipee.com/sports/3674/

 

日本

坂本花織

引用元:https://usaponn.com/archives/4788

 
紀平梨花

引用元:https://www.sora-ten.com/kihirarika-kappi-sintyou-…

 

フランス

ロリーヌ・ルカヴァリエ

引用元:https://beautycosme4.club/archives/4590

 
マエ=ベレニス・メイテ

引用元:https://www.huffingtonpost.jp/2018/02/23/mae-beren…

 

イタリア

ロベルタ・ロデギエーロ

引用元:http://xn--p8j2bhdbq15a.com/%E3%83%AD%E3%83%99%E3%…

 
マリーナ・ピレッダ

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/figure-wtt2019/players/ita.html

 

カナダ

ガブリエル・デールマン

引用元:https://sports.yahoo.co.jp/figureskate/player/woma…

 
アレーヌ・シャルトラン

引用元:https://cm-viewer.com/865.html

 

スポンサーリンク

 

世界フィギュア国別対抗戦に対する情報

この大会の順位決定方法は

各種目とも1位選手(組)に12ポイント、以下順位が下がるごとに1ずつ少ないポイントが与えられます。

シングル種目の最下位選手には1ポイントが、ペア・アイスダンス種目の最下位組には7ポイントが与えらます。

各国(地域)で出場選手が獲得したポイントを合計し団体順位を決定します。ということは、男女シングルの点数比重が大きいです。

過去の大会結果

日本は、前回金をとっていて、2連覇がかかっています。

2009年から6回目の大会になりますが、

  • 日本は金が2回、銅が3回という結果です。
  • アメリカは、金が3回、銀1回、銅1回。
  • ロシアは銀2回。
  • カナダが銀2回、銅1回。

という結果になっています。

さいごに

この大会が終わると、春になる感じがします。

得点発表は通常の待機BOXではなく、国ごとに設けられた選手全員が待機するブースにて行われるのが特徴の大会。

鳴り物やかぶり物などの応援グッズも持ち込まれ、とても賑やかというか和やかな雰囲気があって、他の大会のようなしのぎを削るという感じではないのが好きです。

震災時を除いて、二年に一度の割で開催されるこの国別対抗戦。

回数を重ねる度に、選手共々、応援する私達も楽しめる大会に成長していってほしいですね。

今回は女子シングルにスポットを当てました。日本の紀平梨花選手や坂本花織選手の健闘を祈ります!

最後までお読みいただいてありがとうございました!