スポーツ

【注目】ソフィア・アカチエワ(ロシアフィギュア)のwiki風プロフィール

ロシアの女子フィギュア界は層が厚いですね!今朝のテレビで若干11歳のソフィア・アカチエワさんが、4回転ジャンプに成功したと伝えていました。

今回は、まだノービスのカテゴリーに所属しているソフィア・アカチエワさんにスポットを当てたいと思います。

ソフィア・アカチエワさんのwiki風プロフィールやこれまでのフィギュアスケートの動画などもご紹介します。

スポンサーリンク

 

ソフィア・アカチエワさんのwiki風プロフィール

引用元:http://blog.livedoor.jp/cel1ne20i/archives/6956770…

 
ソフィア・アカチエワ

愛称 ソーニャ
生年月日 2007年7月7日
所属 サンボ70クリスタル
コーチ エテリ・トゥトベリーゼ
ダニイル・グレイヘンガウス
オクサナ・ブリチョワ
家族 弟:アレクサンドル

ソフィア・アカチエワさんは、現在11歳にして既に4回転トウループを飛ぶことができるというので、世界中から驚きの声が上がっているというのです。

ノービスC年齢にしてトリプルルッツまで5種類の3回転ジャンプを習得しています。

2017-18シーズン(ノービスB1)になり、トリプルルッツやトリプルフリップを含む3回転ジャンプでタケノコジャンプを習得。

完全に回り切った状態で着氷します。

トリプルルッツ・ダブルトウループ、ダブルアクセル・トリプルトウループコンボも習得したと言われています。

New Year 2018のファイナルシーズンにて、リカバリーとしてトリプルルッツ・タケノコトリプルトウループを初めての実戦しました。

また、類まれなディープエッジを持ちます。

タケノコジャンプとは
通常、頭の上で片方の手で、もう片方の手の手首を軽く掴んで跳ぶ跳び方。胸に手をつけて跳ぶよりも難易度は上がるようです。

ちなみに、ジャンプの種類と名前ご存じですか?
私は、違いが分からなかったのでサクッと調べてみました。

トウループ (Toe loop、略記:T) <難易度:最低>
踏み切る瞬間に、着氷時のスケーティングレッグのバックアウトエッジに乗り、後向きに踏み切るトウジャンプ。

サルコウ (Salchow、略記:S) <難易度:低>
踏み切る瞬間に、着氷時のスケーティングレッグとは逆脚のバックインエッジに乗り、フリーレッグの遠心力を使って後向きに踏み切るエッジジャンプ。エッジが氷を離れるまで上体が1/2回転程先行し、エッジも離氷前に氷上で1/2回転程回転するのが特徴。

ループ (Loop、略記:Lo) <難易度:中>
踏み切る瞬間に、着氷時のスケーティングレッグのバックアウトエッジに乗り、後向きに踏み切るエッジジャンプ。氷上での回転 (プレローテーション) を利用して空中での回転の力を得るので、エッジは離氷前に氷上で1/4回転程回転するのが特徴。

フリップ (Flip、略記:F) <難易度:中高>
着氷時のスケーティングレッグとは逆脚のバックインエッジにのって後向きに踏み切るトウジャンプ。空中での回転と同じ向きのターンから行う。

ルッツ (Lutz、略記:Lz) <難易度:高>
着氷時のスケーティングレッグとは逆脚のバックアウトエッジにのって後向きに踏み切るトウジャンプ。アウトエッジで踏み切ることによりジャンプまでに体にかかる回転の力の方向と、空中での回転の方向が逆になる唯一のジャンプ。

アクセル (Axel、略記:A) <難易度:最高>
着氷時のスケーティングレッグとは逆脚の前向きアウトエッジに乗り、フリーレッグを振り上げ前向きに乗り踏み切るエッジジャンプ。前向きに踏み切る唯一のジャンプである。
引用元:Wikipedia

アカチエワさんは、おそらく9歳以下くらいの小さいうちからアクセル以外の3回転はクリアしていたということのようです。

末恐ろしいと言えるほどのポテンシャルですよね?

ご両親情報は今のところないのですが、弟さんはいらっしゃいますね。

ソフィア・アカチエワさんのコーチは、アリーナ・ザギトワさんやアレクサンドラ・トルソワさん、アンナ・シェルバコワさん、エリザヴェート・トゥルシンバエワさんと同じエテリ・トゥトベリーゼコーチです。

エテリ・トゥトベリーゼコーチ

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%86%E…

 
ザギトワさんを除く3選手は、世界選手権でそれぞれ4回転を決めています

アカチエワさんの凄い所は、ジャンプだけではなく、スケーティングの伸びが素晴らしいです。

また、エッジコントロール技術も長けています。

おそらくは、生来、身体能力が高いのでしょう。

そういう選手の唯一の課題というか不安材料としては、自己流になる危険があるというか変な癖がつく傾向があるそうです。

アカチエワさんの場合は、しっかりした実力のあるコーチについているので、そういう心配はなさそうですね。

また、少女から大人の女性に身体つきが変わってくる時期なども伸び悩みが懸念されますので、そういうことを見事にクリアしていってほしいです。

スポンサーリンク

 

ソフィア・アカチエワさんの話題の動画は?

トゥトリベーゼコーチがインスタグラムに練習風景の一コマでジャンプしたところを投稿したものがこちらです。

この動画では、アカチエワさんが4回転トウループを成功させているのです。

まずはご覧くださいね。

View this post on Instagram

Show will go on. #teamtutberidze #isu #софьяакатьева

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 –

いかがでしたか?

世界中でも驚きの声がたくさん・・・。

     

  • 「こんな若い年齢で。ブラボー」
  • 「サンボ70は継続的に傑作を生みだしている!!!」
  • 「それに彼女はまだ国際大会には出場していない」
  • 「あなたは世界最高のコーチ」
  • 「カッコいい」
  • 「こんな若い年齢で。ブラボー」
  • 「OMG」
  • 「信じられない!素晴らしい!」

引用元:https://the-ans.jp/news/56488/

その11歳という若さでこの出来上がり方・・・一体この先、どこまで進化していくのでしょうね?

ほかにも動画を見つけたので、ご覧ください。

Софья Акатьева ソフィア・アカチエワ SP 2017/02/06 9 years and 7 months old.

Софья АКАТЬЕВА ПП 25.12.2018 ЦСКА ≪Призы Деда Мороза≫

Софья Акатьева, ПП (Sofia Akatieva, FS), старшие, Первенство Москвы младшего возраста 2019

どれも素晴らしい演技でしたね?

アカチエワさんの演技を見ていると、吸い込まれるような感覚になってしまうのです。

さいごに

ロシアは、 ザギトワさん、メドベージェワさん、トゥクタミシェワさんらに加え、来季からはアレクサンドル・トルソワさん、アンナ・シェルバコワさん、アリョーナ・コストルナヤさんなどのジュニア勢がシニアに上がってきます。

そしてその下には、カミーラ・ワリエウさん、ソフィア・アカチエワさんなどが控えています。

凄い層の厚さなのは言うまでもありません。

日本の女子フィギュアも負けられませんね。

最後までお読みいただいてありがとうございました!