芸能

【映画】マスカレードホテル観てきた感想とさんま発見!?

今日1月18日、映画「マスカレードホテル」を初日鑑賞してきましたので感想を書きます!

今朝からフジテレビでは、木村拓哉さんと長澤まさみさんが映画の宣伝で出まくっていましたね。

朝の番組では、明石家さんまさんが友情出演しているという木村さんの話だったので、それも気になりました。

まだ、ご覧になっていない方のためにネタバレしないように感想を書きます。

スポンサーリンク

 

【映画】マスカレードホテルのキャスト

引用元:https://eiga.com/movie/87994/

 

  • 木村拓哉  新田浩介
  • 長澤まさみ 山岸尚美
  • 小日向文世 能勢
  • 梶原善   本宮
  • 泉澤祐希  関根
  • 東根作寿英 久我
  • 石川恋   川本
  • 濱田岳
  • 前田敦子
  • 笹野高史
  • 高嶋政宏
  • 菜々緒
  • 生瀬勝久
  • 宇梶剛士
  • 橋本マナミ
  • 田口浩正
  • 勝地涼
  • 松たか子
  • 鶴見辰吾 田倉
  • 篠井英介 尾崎
  • 石橋凌  藤木
  • 渡部篤郎 稲垣

解説

東野圭吾のベストセラー小説「マスカレード」シリーズの第1作「マスカレード・ホテル」を映画化し、木村拓哉が初の刑事役に挑んだミステリードラマ。

都内で3件の殺人事件が発生した。
現場にはいずれも不可解な数字の羅列が残されていたことから、連続殺人事件として捜査が開始される。

警視庁捜査一課のエリート刑事・新田浩介は、その数字が次の犯行場所を予告していること、そしてホテル・コルテシア東京が4件目の犯行場所になることを突き止める。

犯人を見つけるためホテルのフロントクラークに成りすまして潜入捜査に乗り出した新田は、教育係である優秀なフロントクラーク・山岸尚美と衝突を繰り返しながら、事件の真相に近づいていく。

ヒロインとなるホテルマンの尚美役に長澤まさみ。
「HERO」シリーズの鈴木雅之がメガホンをとり、「ライアーゲーム」シリーズの岡田道尚が脚本を担当。

引用元:https://eiga.com/movie/87994/

木村拓哉さんは、稀に見るキャストの豪華さと仰っていたのですが、確かに豪華ではありましたがそこまでかしら?と、私は思いました。

「木村さん、貴方が一番豪華ですから~!」と、今朝の番組を見ながらツッコミ入れてました。

ちなみに、長澤まさみさんの直属の上司・久我役の東根作寿英(とねさくとしひで)さんは、木村さんと同じ年です。1月18日現在46歳。

【映画】マスカレードホテル・明石家さんまさん発見?

引用元:https://endia.net/koidekeisuke-baisyoukin

 
今朝の番組で、木村拓哉さんがさんまさんが「マスカレードホテル」に出ると、趣が違ってくると困るのであまり派手にはでないようなことを仰っていたのですが。

本当に地味。というか私にはどのシーンだったのか一切わからなかったです。

追記
現在の情報だと、ロビーカウンターで薄いグレーのスーツに濃いグレーのハットを被った男性がさんまさんではないか?ということです。

この衣装ではないかということです。

シーンの時間帯は


とのことでしたよ!追記終わり

もちろん、ホテルなのでざわざわした時間帯のフロントロビー内でのシーンだったのかと思います。

そう思って目を皿のようにして観たつもりだったのですが、まったく分からなかったのが悔しいです。

何度か探す目的で観たら、見付けられる気がするのですが、初回は私には厳しかったです。残念。

それでもちゃんと見つけられる方もいらっしゃったのですよね~。

もちろん、見付けられなかった方も・・・。

もう一回観たい気がします!

さんまさんも観たかった。

スポンサーリンク

 

【映画】マスカレードホテルの感想

引用元:https://twinavi.jp/topics/entertainment/5b74e83a-4…

 
木村拓哉さんって、「何をやってもキムタク」って言われているのですが、私はあまりそうは思わず普通に楽しめました。

今回の「マスカレードホテル」も、殺人事件の刑事でありながらホテルマン(フロントクラーク)として潜入するといういくつもの仮面をつける役を見事に演じきっていました。

邦画は久しぶりに映画館で鑑賞したのですが、「金返せ!」状態にはならなくてホッとしています。

新田浩介役の木村さんの佇まいが、刑事からホテルマンに移行していく様子が結構リアルでした。

佇まいと言えば、ホテルのフロントクラーク山岸尚美役の長澤まさみさんの佇まいが本当に美しかったです。

長澤まさみさんは過去にホテルの清掃員の役を演じたことがあるというのですが、それって「涙そうそう」でのことなのかしら?

ホテルでバイトしている役だったように記憶しているのですけど・・・。

涙そうそうから12年くらい経っているのですが、凄く素敵な女優さんになったなという印象を受けました。

身のこなしが本当に凛としていて美しかったです。ホントに彼女のようなフロントクラークがいるホテルに宿泊してみたいなと思いました。

ストーリー展開はスピード感があり、退屈しませんでした。あっという間の2時間13分でしたよ。

ところどころに伏線があって、あ~やっぱりねって感じ。

こういうサスペンスもののキャストって、みんなそれぞれに怪しかったりするのですが、真犯人はやはりあの人だったのね!

と、思ったくらいわかりやすかったかもしれないです。

ただ、理由がわからなくて自信が持てないもどかしさを感じながら観ていた気がします。

矢継ぎ早に来館するお客がそれぞれにいろんな色をだしていて面白かったですね。

それと、ロビーやフロントはすべてセットだそうです。それだけでもこの映画への力の入れようがわかりますよね?

私は、この「マスカレードホテル」好きな映画ですね。非日常を味わいたくなったら、街のホテルに宿泊しようと思います。

まとめ

木村拓哉さんのどこが好き?って聞かれると、「何事にも真剣で、プロ意識が強いところ」と答えます。

鈴木監督もクランクアップ後に「木村は役者をなめてない。あれだけのスターなのになめてない」と感心していたそうです。

木村さんの作品に対する姿勢や役との向き合い方が伝わったそうです。

長澤さんも、木村さんが現場に入ると空気が変わると仰っていました。

昔、木村さんがバイトをするという企画の番組があって楽しく観たのですが、ホテルの厨房で皿洗いをしていて、現場の女性にまた来てほしいくらいだと言われていました。

先日の「モニタリング」という番組で、高校の授業を白髪のカツラやメガネなどして行い、最後にはしっかり宣伝とかしていました。

他にも、女装などもされたりしていたのです。スターがそこまでするのか~?と感心しました!

木村さんの人気の由縁エピソードは枚挙に暇なしって感じなのですが、一番はあの体型が物語っていると私は思います。

プロなので、彼は太らない。あの体型をずっと維持しているところが既にプロだなと思います。

最後に、東野圭吾さんが新田=木村拓哉を思い浮かべて書いた小説だったことを木村さんは撮影後の打ち上げで知ったそうです。

その事実がとても支えになっているとコメントされています。

知った時には「今ですかっ?!」と思ったそうですが、木村さんなら知っていても知らなくても、作品への姿勢は変わらなかったでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!