芸能

樹木希林さんの追悼コメントと知られざるプロフィールが!

今回は9月15日に亡くなった樹木希林さんへの追悼コメントと知られざる?プロフィールをまとめてみました。

ドラマや映画、CMなど多方面で活躍された樹木希林さん、平成最後の年にこの世の中から去ってしまった名女優ですよね。いろんな方からのコメントに今更ながら、その偉大さがわかるような気がします。

自分をしっかりと持ち、どこまでも自然体で時々意外性を発揮したりと魅力あふれる女優さんだったなとつくづく思います。

スポンサーリンク

 

樹木希林さんのプロフィール


樹木希林 きききりん

本名は、内田啓子さんです。

実家は神田神保町で「東宝」というカフェを経営していたそうです。

千代田女学園(市ヶ谷)に在学中、演劇部に在籍。
将来は薬剤師になるため大学受験を試みたのですが、入試の時に足を怪我していて別室で受験するのがイヤで進学を断念。

方向転換して、文学座所属の演劇研究所に入ったのだそうです。
「悠木千帆」という芸名で活動していた時の1964年に森繁久彌さん主演のテレビドラマ「七人の孫」で、森繁さんが「この家にお手伝いさんがいないのはおかしい」という一言で急遽お手伝いさん役が必要となった時に、樹木さん(当時悠木さん)が出演を希望して、レギュラー出演し、森繁さんとのアドリブ掛け合いが人気になったそうです。

なんと、そのドラマが樹木さんが人気になった初めての作品ということです。

言わば新人さんがベテラン俳優とアドリブの掛け合いって、よほど頭の回転が早くないと難しいですよね?やはり樹木希林さんて、並の女優さんではなかったということでしょう。

1977年にテレビ朝日へと局名変更の記念番組内でオークションをする際に売る物がないということで、芸名「悠木千帆」を競売にかけることになり、名前は2万200円で世田谷の飲食店店主に売却されたことで、現在の「樹木希林」さんに改名されました。ユニークなエピソードですよね。

ピップエレキバンのCMでの横矢勲ピップフジモト会長(当時)やフジカラーで岸本加世子さんとのCMでの掛け合いで人気を集めたり、さまざまなドラマ 「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」「ムー」などや映画「あん」「日日是好日」などで話題になりましたね。

2003年に映画「半落ち」撮影中に網膜剥離で左目を失明したのですが、当時は誰にも話さず、一年後に長嶋茂雄さんとの対談本『人生の知恵袋』で明かされました。

2005年1月、乳癌が判明して右の乳房全摘出手術を受けました。

その手術を機に内田さんとの連絡は1か月に1回となり、以降毎年1月は一緒にハワイで過ごすようになったそうです。

現在、一人娘の也哉子さんは元シブがき隊の本木雅弘と結婚し、3人のお孫さんがおられます。

2008年、紫綬褒章を受章しました。

2013年3月8日の第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した時のスピーチで、全身がんであることを告白して衝撃を与えました。

2018年8月13日、大腿骨を骨折して緊急手術を受け、一時危篤状態に陥ったそうですが、9月15日にご自宅で家族に看取られて永眠されたということです。

生前、樹木さんは「ガンで良かった。準備ができるから。ベッドの上で逝けるなんて上出来ですよ」とコメントされており、まさしくその通りかもしれないと思い、私の中でガンに対して少しだけ前より怖くないかも?という印象の病気にかわりました。

樹木希林さんは離婚歴があった


樹木希林さんは、1964年に俳優の岸田森さんと結婚したのですが、4年後に離婚されています。

引用元:https://twitter.com/nor8gbcnuzo8csf/status/8582244…

 
岸田森さんは、女優の岸田今日子さんの従兄にあたります。樹木さんとは文学座の同期で、結婚当初は樹木さんのお父様が所有しているアパートに住み、お互い俳優として尊重しあうことと、夫婦生活を協力し合っていくことを誓っていたとのことでした。

押し入れをベッド替わりに利用するなど個性的な20代の若夫婦時代があったようです。

離婚の原因は、嫁姑問題では?との噂ですが真相はわかりません。岸田森さんは、その後再婚されていますがその方とも離婚し、食道がんで43歳の若さで亡くなっています。

樹木希林さんと内田裕也さんの馴れ初め


樹木希林さんは岸田さんとの離婚後、内田裕也さんと1973年に再婚されてます。

引用元:https://xn--u9jy52gr2p5pl0ur6lcz20behl.com/2017/09…

 
内田さんの友人だった故・かまやつひろしさんと、樹木さんがドラマ「時間ですよ」で共演した時に、内田さんが撮影所に訪れたのが縁の始まりで、初デートの翌日に内田さんがプロポーズしたという超スピード婚でした。

内田さんとは1年半ほどで別居。内田さんとの間に1人娘の内田也哉子さんがいます。

1981年に内田さんが樹木さんに無断で離婚届けを区役所に提出して裁判になったり(結果は離婚無効)、内田さんの女性問題で騒がれたりしつつ、結局は最後まで「夫婦」であり続けました。

引用元:http://resuponsu240.com/2018/09/16/kikikirinn-2/

 
樹木さんは生前、夫婦がうまく行くには「向き合わないこと」とコメントしています。向き合うと嫌なところまでみえてしまうからということらしいです。

「サワコの朝」というトーク番組では、内田さんとお互い幸せだと言いあっているとおっしゃっていました。終わりよければすべて良しってことなんでしょうか?

スポンサーリンク

 

樹木希林さんへの追悼コメント


引用元:https://twitter.com/offcourse1968/status/104126100…

 
★岸本加世子さん 

私が15歳の時からご一緒し、お手伝いさんコンビという設定でしたので、ズブの素人だった私は毎日希林さんにくっついて演技を学びました。
その時の希林さんの役名だった「カネタさん」といまだに呼ばせていただいておりました。

フジカラーのCMでのあふれるほどの思い出も、ワールドカップの決勝戦を一緒に見に行った事も、何かあった時にはいつも親代わりのように心配してくださったり、時には突然自宅に来られる事もありました。感謝しかありません。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(「カネタさん」懐かしい名前ですね。若者は知らないでしょうけど・・・。面白いドラマでした・綾小路さゆりさんの役のフジカラーのCMにインパクトありましたよね。)

★CMで共演・女優田中麗奈さん

ショックで言葉が出てきません。頭が真っ白です。心にぽっかり穴が開いてしまって。希林さんが生きざまとして私たちに残してくださったものを、これから向き合って考えていこうと思います。でも、今はとにかくとても寂しいです。たくさんのことを教えていただいて、感謝しかありません。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★NHKドラマ「夢千代日記」で共演・吉永小百合さん

思い出があり過ぎて、今は言葉が出ません。ごめんなさい
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(吉永さんは、希林さんを「おねえさん」と呼んで慕っていたそうです。また、今年2月に北海道命名150年を記念して札幌市で開催された「キタデミー賞」のセレモニーにも共に出席し「いつでも夢を」を一緒に歌って式を盛り上げたばかりだったそうです。)

★74年のTBS系ドラマ「寺内貫太郎一家」で共演・作曲家小林亜星さん 

長い間、体調を悪くされておられたそうで、心配しておりましたが、このような結果となり、大変、残念な思いです。「寺内貫太郎一家」のメンバーも、ほとんど亡くなられて寂しいかぎりです。心よりご冥福をお祈りします。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(沢田研二さんのポスターを見ながら、お婆さんの樹木さんが身をよじって「ジュリー~~」と叫ぶシーン、斬新でしたよね)

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=seDqghATb5I

 
★「日日是好日」で共演・乃木坂46山下美月さん 

映画出演自体が初めてでガチガチに緊張していた私に「カメラがあるって思わずに、普通に茶道教室に来たと思えばいいんだからね」って優しくアドバイスしてくださいました。いつか成長して、また希林さんと共演できるように私ももっと頑張ろうと思っていたので、残念です。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★希林さんの最新作「日日是好日」(10月13日公開)で共演・黒木華さん 

突然すぎて、なんと言えばいいか本当に言葉が浮かびません。希林さんとお仕事をご一緒できたことはとても光栄でしたし、かけがえのない時間でした。もっと、もっと、お話ししたかったです。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」で共演・オダギリジョーさん 

ショック過ぎて言葉が出てきません。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★樹木希林さんが主演映画「あん」・河瀬直美監督さん 

あなたは、最期まで女優でした。昨日、ふと希林さんを想いました。連絡しようとしたけれど、「あん」の徳江さんのように、希林さんは、わたしの心に直接訴えかけるように、そこでただほほ笑んでいました。日本を代表する女優として君臨し続けた樹木希林さんが、最後に求めたものは、なんだったのかそれを今考えています。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★映画「万引き家族」で初共演・松岡茉優さん

 樹木さんが教えてくれたこと、残してくれたものを最大限に生かしたい。同じ時代に生まれたことを、大きな意味で捉えていきたいです。温かくて風通しがよくて、過ごしやすいところでお休みになられていますように。大好きです。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★NHK朝ドラ「はね駒」などで共演・小林稔侍さん

たくさん! すてきな思い出ありがとう。「来年、節分に豆まき一緒に行かない?」なんて、あなたらしいサヨナラのささやきだと思っていました。合掌。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★NHK朝ドラ「はね駒」で共演・斉藤由貴さん

希林さんの生きざまは、どうしようもなく、憧れでした。決して達し得ぬ、唯一無二の人。美しく、りりしく、静謐(せいひつ)な風に吹かれ、生きた人。今も変わらず、憧れです。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★映画「歩いても 歩いても」などで共演・阿部寛さん

本当に逝ってしまうとは思ってもいませんでした。まだまだあの毒舌で元気な姿を皆さんにみせてくれると思ってた…。2度の親子を演じさせていただいたことは、僕の一生の宝です。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(「歩いても 歩いても」観ました。とても切ない母親の姿が印象的だったです。素敵でしたよね)

★映画「そして父になる」などで共演・福山雅治さん

まったく信じられません。2カ月ほど前に並木橋の交差点でお見かけしたばかりでした。表現者としてあまりにも大き過ぎる存在でした。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(「そして父になる」観ました。さりげない演技でした。やはり名わき役の風格がありましたね)

★映画「海街diary」で共演・広瀬すずさん

「突然の事すぎて、悲しい、とかの言葉で表現出来ないほど、今すごく心が痛いです。樹木さんの映画をもっとみたかったです。

お芝居が大好きです。 一緒にお芝居させてもらうのが一番怖かった方でもあります。  カメラの前で嘘のない言葉でも、お芝居だからどこか自分の嘘の部分を見抜かれてしまいそうでした。

でも現場でお会いする度に頑張ってね、と言ってくださる優しい言葉がいつも私のエネルギーになっていました。カメラの前に立たれてた姿、生き方、感性、全てかっこいい樹木さんの事はずっと憧れです。

今はお疲れ様でした、ありがとうございましたとお伝えしたいです。御冥福をお祈り致します。広瀬すず」
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★女優の浅田美代子さん

「すごく安らかな顔をして眠っているような感じで、よく頑張ったねとしか言えなかった」
「あちらにいってもいろんな知り合いがいて、みんなから声を掛けられて『こっちにきても忙しいのね』っていっているような気がします。加藤治子さんも、秀樹もいるし…。みんないらっしゃるから寂しくないと思います」引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

(美代子さんのマンション購入のきっかけは樹木さんの助言だったそうです。樹木さんは不動産の達人だったらしいです。)

引用元:https://www.rbbtoday.com/article/2018/06/01/160961…

 
★ 映画「わが母の記」共演・真野恵里菜さん

《まだ演技経験が少なくどこにいたらいいか分からなくて隅っこにいたら「あなたもこの作品の役者なんだから端っこにいないで胸を張りなさい!」と言ってくださった樹木希林さん。とても感銘を受けました》引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★モデルの栗原類さん

「本当に日本の宝。これからもずっと」引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

★タレントのデーブ・スペクターさん

「個性派女優という定義を超えたワンアンドオンリー」
《ウィットに富んでみんなに愛された日本のメリル・ストリープ。ご冥福を心からお祈り申し上げます》引用元:https://headlines.yahoo.co.jp

まとめ

波乱万丈な女優人生だった樹木希林さん。

内田裕也さんと結婚する前に、俳優の岸田森さんと結婚されていたということは有名なことなのか?わからないですが、個人的には少し意外でした。

樹木希林さんは全身ガンを告白されても、5年間活躍されていて、ご本人も「詐欺?」みたいな自虐を口にされていました。

そういう私も、このあいだ樹木さんが安住さんの番組で、浅田美代子さんのご自宅マンションを安住さんと一緒に訪問されていたので、すっかりお元気なものだと思っていたところに、先月末、娘婿の本木さんさんが入院手術の会見をされていてちょっと心配だなと思っていたところだったのです。

女優=美人みたいな風潮のある中、CMの通りそれなりの器量の樹木希林さんの存在は、実力と個性でその存在を知らしめてきた印象があります。また、同じ女性として、コメントの一つ一つが確かに!と思えるようなモノが多かった記憶があります。

ある番組で、加藤浩次さんとのインタビューでお孫さんにプレゼントはしないとおっしゃっていました。喜ばせたくないのか?という質問に自分がプレゼントする品物が本人が本当に欲しいものであるかということが大事。

与えるということは、人が本当に欲しいモノはなんなのかがわからなくなる可能性があるので、自分からプレゼントすることはしないとおっしゃっていました。

実は、まったく同感です。頂き物で本当に気に入って使っているモノってどのくらいあるのかな?と思います。

普通なら、プレゼントする側の気持ちを頂くという意味で喜ぶところを、樹木さんは正直に拒否するという・・・。なんとさばけているのか?なかなか勇気があると思います。

そういう良い人ぶらない潔さが愛されている要因の一つだと思いました。

ご冥福をお祈りいたします。

最後までお読みいただいてありがとうございました!

よかったら、合わせてお読みください!
樹木希林さんの追悼番組「徹子の部屋」をみました!
樹木希林と浅田美代子の関係は「ふぐは割り勘で食べる仲」
樹木希林と浅田美代子の映画「エリカ38」を推察してみた!